生涯に渡って価値あるパートナーでありたい。安心や豊かさをトータルにお届けする保険アドバイザー

ホーム » サービス » 事故時保険料比較表

事故時保険料比較表

自動車保険のしくみ上、その後の保険料のアップを避けて、保険を使わない方が良い場合もあります。
「10万円以上なら使った方が良い」といったものではなく、それぞれご加入の補償内容や年齢条件などによって使うか使わないかの分岐点は異なります。
そのご判断をいただく際に参考資料としてお出ししている比較表がこちらです。

事故時保険料比較表(例)

お名前 損保太郎 様(例)
現在の等級 9等級
保険で支払い金額 車両損害×過失割合分
西暦 保険を使った場合 保険を使わない場合 年間差額 差額累計
等級 保険料 等級 保険料
2010年 6 157,500 10 106,100 51,400 51,400
2011年 7 140,400 11 97,600 42,800 94,200
2012年 8 123,200 12 89,000 34,200 128,400
2013年 9 106,100 13 89,000 17,100 145,500
2014年 10 106,100 14 80,400 25,700 171,200
2015年 11 97,600 15 80,400 17,200 188,400
2016年 12 89,000 16 75,300 13,700 202,100
2017年 13 89,000 17 75,300 13,700 215,800
2018年 14 80,400 18 71,900 8,500 224,300
2019年 15 80,400 19 71,900 8,500 232,800
2020年 16 75,300 20 68,400 6,900 239,700
2021年 17 75300 20 68,400 6,900 246,600
2022年 18 71,900 20 68,400 3,500 250,100
2023年 19 71,900 20 68,400 3,500 253,600
2024年 20 68,400 20 68,400 0 253,600

※この比較表は現在と同条件で算出しており、あくまでも概算となっております。
実際の保険料は運転者条件の変化、各車種の料率クラス(毎年見直し)などによっても異なります。
また、今後ずっと無事故(保険を使わない)の場合を想定しており、再度事故などがあれば、今回の事故による影響もこれ以上の差額になります。

Comments are closed.